TOP > 含浸(がんしん)とは?

含浸(がんしん)とは?

含浸の目的と効果

含浸とは、鋳造工程で発生する目に見えない「巣穴」や焼結部品の「隙間」などに、薬剤(含浸剤)を圧入し硬化させて穴を埋める技術です。気密性・耐圧性が求められるもの、重要保安部品、メッキが膨れたり剥離するのを防止するなど、製品のロス(不良品)を防ぐ目的で行われます。

適用効果

適用効果 対象材料
耐圧性、気密性の付与 各種鋳物、焼結体、成形体、構造体など
耐食性の向上 セラミック溶射体、金属焼結体、各種鋳物、電解酸化被膜など
電気絶縁性の向上 セラミック溶射体、プラスチック成形体、電解酸化被膜など
機械的強度の向上と劣化防止 焼結体、溶射体、プラスチックマグネットなど
切削性の向上 焼結体、溶射体、プラスチックマグネットなど
潤滑性の付与 焼結体、溶射体、電解酸化被膜、化成被膜など
密着性、接着性の向上、積層体の接着 溶射体など
難燃化、不朽化、防虫、着色着香等 木材、繊維製品など
非汚染性、撥水性、撥油性の付与 セラミック溶射体、プラスチック成形体、電解酸化被膜など
 

 含浸剤の用途 

 製品一覧 

 含浸の使用事例 

 

 

 

 含浸工程 

 目的に応じた含浸剤 

   
tel:0428-31-9121 受付時間 :8:00~17:00(土日祝日除く) お問い合わせ